upjo.com
TOP 戻る


記入なし 祟りは本当に実現するか?? (17/12/11 10:11)
記入なし もし人間が死後なにかを出来るとしたら今のような世界になっていたのでしょうか? それを考えると死後、人間が何かをできるなんて到底、考えられないよ。死んだらおしまい。だから今を楽しく生きるのが正しいと思うけどなぁ。 (17/12/11 10:14)
まい貼師 ID:QWYaCTgri2 祟りと聴くと、八つ墓村を思い出す(´ー`)y-~~ (17/12/11 17:30)
記入なし ここで江原さんの登場ですよw (17/12/12 05:52)
記入なし いつまで経っても終わらない戦争。地球が破滅に向かっていることを考えると死んでからこの世界に影響を与えることなんて出来ないということが理解できる。 (17/12/12 05:57)
記入なし ↑根拠と結論がつながってない。死後も怨念が作用していて怨念の過多のために地球が崩壊しかけているとも(理論上は)考えられる。 (17/12/12 07:14)
記入なし それも言える。ということは、この世に恨みつらみ嫉みを持ちながら死んでいった人のほうが多いということになる。 それを肯定するならとっくに地球は亡くなっている気がする。 (17/12/12 12:47)
記入なし まあ実は霊魂や魂とかは既に前時代的な概念だよ。今ではそんなの存在しないと全て科学的に説明が付いている。ちゃんと理解するにはかなりの知識量と理解力が必要なのが問題だけど。 (17/12/12 14:52)
記入なし ↑そういう考え方がむしろ古臭いし頭が固い。最近の量子力学とかなんにも知らないんだな。http://doru-bak.blog.so-net.ne.jp/2017-03-04 (17/12/12 16:59)
記入なし ↑マジレスするべきかどうか迷うくらい馬鹿げてる。まさか本気でありえるとか思ってないよな? (17/12/12 19:13)
記入なし 今の時代、魂とか生まれ変わりとか信じてるのはひと昔前に天動説を信じてたのと同じだぜ。まあ、現代でも天動説とか地球は丸くないとか信じる人達もいるみたいだが。教養って大事だなと思うよ。 (17/12/12 19:21)
記入なし 「科学を真剣に追究している者は誰であっても、宇宙の法則の中に神の霊が顕在していることを確信するに至るのです。」(アルバート・アインシュタイン)科学に未知の領域があることを認めないのは、理科をちょっとならって賢くなった気でいる程度の馬鹿。解明されていない部分がなかったら科学者はもう必要ないだろ?解明されていないと言うことはつまり「まだわからないことがある」ということだ。科学者が未知としていることを、ないと言い切るのはただの馬鹿。 (17/12/13 00:06)
記入なし アメリカでは未だに4割の人間が神が人間を作ったと信じている、すなわち進化論は間違いだと考えている。恐ろしいことだがこれが現実。↑のような奴がいるのも現実。中学の算数もまともに覚えていない人にカルマンフィルタを説明できないのと同じ。神や魂は存在しないことを一般の人に説明しようと試みてもなかなか伝わらないので徒労感しか残らない。だから↑君は信じていたらそれで良いよ。 (17/12/13 00:44)
記入なし ちなみに、アインシュタインは比喩的に神という言葉を使っているのであって、「超自然的な知性」や「創造主」としての神を信じていたわけではないよ。「有名な誰々も言ってた!」って自分で説明できない人がたまに使うテクニックだけど。 (17/12/13 00:50)
記入なし 横レスだが、人格障害クンの知能レベルでは「そんなの存在しないと全て科学的に説明が付いている」という命題と「そんなの存在しないと全て科学的に説明が付いていると信じている科学信仰者がいる」という命題との論理的違いが理解できないのだなw (17/12/13 01:48)
記入なし 神概念自体がキリスト教と神道とではまったくちがうわけで一括して神の存在がどうとかいう議論自体が不可能なのだ。 (17/12/13 01:50)
記入なし キリスト教について言えばいちど否定神学を学んでみればいい。話はそれからだw (17/12/13 01:51)
記入なし 人格障害クンは前回の議論で宗教者の思考対象と科学者の思考対象とはそもそも別個のカテゴリーだということをかろうじて学んだんじゃなのかったのか? (17/12/13 01:53)
記入なし いろいろすっとばすけど最終的に科学的定理もふくめオマエが現実だと思っているものはマトリックス空間の幻想にすぎないという蓋然性はオマエ自身には否定不可能なのだ。そこは分っているだろ? (17/12/13 01:56)
記入なし  オマエが何を言おうとマトリックス空間の幻想内部の物理現象の解析方法論の域を出ないのだ。そもそも内部の現象における法則性が外部で通用するという証明自体は不可能。 (17/12/13 02:02)
記入なし  オマエは結局真理を追究しているわけではなくて自分を含む理系こそが真理にもっとも近いと主張することで自己愛(幼児的全能感)に確証を与えたいだけだろw原理主義的狂信者と表裏一対の糖質の症状だよ。 (17/12/13 02:05)
記入なし  「反論できないから人格攻撃したあ」とか言い出すなよw具体的に反論してからこんなことがわからないオマエはやはりバカといっているのだからな。 (17/12/13 02:07)
記入なし 仮にマトリックス内部で考えてもすべての事象には原因がある原因のその原因を連鎖的に追求していくとそれ以上遡れない「第一原因」を理論的に想定せざるをえない。原因結果律で考えるかぎりそのようになる。 (17/12/13 02:15)
記入なし まーまー喧嘩はそれぐらいにして。で、祟りは存在しないのか? するのか? オイらは存在しないほうに500点。だって祟りを信じているものが勝手に祟りとネガティブに思い込み、それで悪い方向に物事が進むような気がする。なにごともポジィティブに行動すれば何も心配するようなことはないような気がするんだけど違うのか? (17/12/13 05:45)
記入なし 「神の霊は人間の霊をはるかに凌いでおり、神の霊を前に人間は自らの力のささやかなることを知り、謙虚にならざるを得ないのです」(アルバート・アインシュタイン)  謙虚にならざるを得ないまで言ってるのに、いったい何の比喩なんだよ。何に対して謙虚になるのか言ってみろ。お前ら本当に馬鹿だな。 (17/12/13 18:29)
記入なし http://www.fruits.ne.jp/~k-style/ei1.html (17/12/13 18:30)
sage あの〜、映画マトリックスの話は、僕が『科学的方法は「絶対〇〇だ」という結論は出さない』ということを説明するのに使った比喩なのですが。話にはその続きがあって、『科学的方法では、客観的で公平な実験の繰り返しの結果を最新の統計学で分析して、その仮説が正しい確率(有意性)を計算する』というのがあって、科学的方法によって認められた薬には99%以上の確率で効く薬はあっても100%効く薬はないということなんです。だから当然、僕がいう科学的に「神がいない」「生まれ変わりはない」なども99%とかの話なんです。科学的検証では「地球が丸い」というのも100%ではないということです。だからと言って「地球は平たんな可能性がある!」なんて主張したら頭おかしいと思われるでしょう?  こんな長文書きにくいサイトで一生懸命説明しても貴方の理解力が無いからマトリックスの例のような分かった部分だけ引用するし、アインシュタインの深淵な思想が理解できないから一部を取り出して「アイシュタインも神を信じていた!ほらみろ!」みたいな結論になるんです。 (17/12/13 22:49)
sage 逆にさ、最近アメリカで「地球は丸くない!平坦だ!丸いと信じている奴は科学を信奉している馬鹿だ!」という集団がいるんだけどさ、彼らをどうやったら地球は丸いと説得できると思う?どういう方法で我々一般庶民は地球が丸いことを自分で確かめられると思う?僕の中ではいくつか方法を思いつくけど、考えてみて。 (17/12/13 23:53)
記入なし オマエの言っている天動説は数百年前の説だろwオマエ太陽が全宇宙の中心だとでも思っているのか。要は(観測の厳密さとは別個の問題として)座標系をどのようにとるかの問題だ。 (17/12/14 00:48)
記入なし  オマエの言っている天動説は数百年前の説だろwオマエ太陽が全宇宙の中心だとでも思っているのか。要は(観測の厳密さとは別個の問題として)座標系をどのようにとるかの問題だ。 (17/12/14 00:49)
記入なし 哲学や科学論(科学哲学)の用語を使ってもオマエには理解が理解できなかったからマトリックスだったら理解できるだろうと思って使っただけだwアンシュタインの話はオレとは別人。そちらの理屈で99%だったら神(神概念自体の定義はおくとして)はいないと断定はできないということだろwだから正直に『科学的方法は「絶対〇〇だ」という結論は出さない』というルールを厳守しろやボケというのがオレの主張だ。オマエはこれまでの議論でこのルールを明らかに侵害しているではないか。そのことが自覚がないから知性や知能自体が疑われるのだ。科学者全般は別として少なくともオマエ個人の知的判断力自体は「地球が平たい」と信じている原理主義者と同じレベルなのだ。ただ依拠している(信じている)ものが別なだけ。そのレベルだから問題点を指摘されても理解できないw (17/12/14 00:50)
記入なし 『科学的方法は「絶対〇〇だ」という結論は出さない』というマトモな科学者の説くルールを学校で習い言葉として反復することだけはできてもその内容は理解できてないしルールを厳守できていない。つまりオマエの知性は性能の悪いAI以下なのですwマトリックスの例えはオマエが持ち出したものだが実はその例えの意味も理解できていないようだねwオマエには多分一生無理だろうw (17/12/14 00:53)
記入なし で、「否定神学」については全スルーですかw (17/12/14 00:55)
記入なし 訂正:理解が理解できなかったから→理解できなかったから (17/12/14 00:56)
記入なし 天動説については大事なことなので二回言いましたw (17/12/14 00:56)
記入なし 宇宙空間の中で特定の天体において生物が生存可能な環境が整いかつ有機物が発生する確率は何%か?答えてみろw (17/12/14 00:58)
記入なし たとえオマエが自称している経歴が本当だとしても私大卒で院も出ていない現場の一兵卒だろw科学者の代表ヅラするなw (17/12/14 01:04)
sage こんな長文書きにくいサイトで文が冗長になってもどうかと思うので「神はいない」と断言的に書いたのだけど,では「科学的な方法による実験結果による推論では神は99.99%いないと判断できる」ということで同意してもらえますね? (17/12/14 19:20)
sage あと,僕も一応小学4年生で自我に目覚めてから心理学や哲学書を読み漁ったし一時期宗教的思想にもハマりかけたし高校くらいまでは左翼(笑)だったので一応,哲学は一通り知っているつもりです.デカルト,カント,ショーペンハウワー,ニーチェあたりも高校で全て読みましたし,高校の時もっとも影響を受けたのはアナトール・フランスとミラン・クンデラと芥川でした.ただ,哲学や心理学では何も解答は得られないと見限って,大学で脳科学を勉強したのです.大学の頃議論した脳科学系の教授陣は半分くらいは僕と同じような経歴(すなわち10歳前後で自我に目覚め,中高で哲学を見限った)人たちでしたよ. (17/12/14 19:25)
sage 「否定神学」自体は正直知らなかったけど,調べたら6世紀頃の方法論とか.笑っちゃうよね.「否定神学」で何も解答を得られなかったから廃れたんですよね.神学で何も解明できなかったから,哲学という方法論が編み出され,哲学も何も生み出さなかったからいま科学的方法があるのです.こういうのも何ですが,文化系の学問って何ひとつ役に立たない.法学部とか教育学とか,実用的な学問は存在価値があるけど.哲学的テーマも心理学的テーマも社会学的テーマも,いまは全て脳科学や認知心理学や社会進化学など理系で科学的方法によって研究されていて目を見張る成果をだしています. (17/12/14 19:32)
sage いま,「地球は丸くない!」なんて主張すると頭おかしいと思われますが,将来は「神や魂は存在する!生まれ変わりはある!」と主張すると頭おかしいと思われる時代になります.なるかな?そこまで理解するにはかなりベンキョウしないといけないので無理かも知れないですね.あと,三島由紀夫も好きだったなぁ.最近ぜんぜん小説とか読んでないや. (17/12/14 19:39)
sage 高校の時読んだニーチェの本の中に,「相手に嫌悪感や怒りを感じるのは,相手を自分と同等か自分より優れていると認めた時のみである」っていう一文があって,いま思い出しました.なんで貴方が「人格障害」とか「統合失調症」とかえらい攻撃的に罵倒するのか,その背景にからんで. (17/12/14 19:44)
記入なし 科学では、「ない」ということは完全には言えない。たとえば、もう新しい元素は「ない」なんて断言することはできない。霊は「ない」と言い切るのも同じことで、言い切るならその人がそう信じているだけのことということになる。あるわけない、なんていうのはただの感覚的な主観を述べているだけ。科学も何もない。正しくは「ある」でも「ない」でもなく「ないとはいいきれない」。霊?ないよ。なんていいきってしまうのはただの馬鹿。 (17/12/14 22:49)
記入なし ずらずら長い長文なんか読んでないけど、証明されていないことを研究するのが科学者。証明されていないことをないと言い切ってしまうのは教科書を読んだだけの人。 (17/12/14 23:02)
sage いや,帰納法的にまだ発見されていない元素が存在する可能性は高いよね.未知のものでも存在する確率の高低があるという話なんだが.例えば「古代に現人類より高度な文明が存在した」なんて命題も限りなく可能性はゼロに近いよね.大航海時代以前はその可能性もまだ高かったかもしれないけど. (17/12/15 00:20)
sage [ (17/12/15 00:25)
記入なし 古いものはクソというオマエの主義に合わせて言ってやると無神論や唯物論も少なくとも2500年前には存在している古い思想なんだよ。このこと自体「も」オマエは知らなかったらしいwありえないことだよwオマエがしているような主張にしても2500年かかっても完全勝利には至っていないということだ。そして「宗教があって哲学があって科学がある」という史観や「自然科学こそがすべてを解明する」という思想自体18世紀後半〜19世紀前半に大流行したまさに前時代の思想で「科学主義」と言います。これ「も」オマエは知らなかったようですがwつまりオマエが主張しているのは200年前の古い思想なんだよw知らないこと大杉www (17/12/15 01:32)
記入なし  一通り哲学や宗教を学んで上記や否定神学の概念自体を知らないということはまず「ありえない」。また以前の議論でオマエが認識論が理解できてないようだったから分りやすいようにマトリックスの例を使ってやったが、認識論が分っていないということはカントが分っていないことの証拠なのだ。したがってオマエは「一通り学んだ」と自己評価を下しただけで、実際には学んでいない(=理解していない)ということがこれだけでも証明されるのだ。 (17/12/15 01:33)
記入なし 否定神学を単純化しいえば「定義できないもの」と定義したので、その件についてはそれ以上議論できないということが定義自体の中に含まれている。不毛といえば不毛だが「論理的に否定が不可能な命題」なのだ。このような「命題」はいくらでも想定可能であって、そのような命題に対しては数学的計算をいくら精緻に積み重ねたところで原理的に有効でない。・・・ということが理解できないのは結局頭が悪いんです。 (17/12/15 01:34)
記入なし ニーチェは残念ながら厨二病患者に人気に高い哲学者なわけだ。その理屈でオマエみたいなバカでも自我を防衛できるから。バカがバカと貶されて「あいつはボクが自分より勝っているから貶すんだ」と自分を慰めている様がどれだけ滑稽で醜いがちょっと考えたらどうかな?このような思考こそが幼児的全能感に浸っている自己愛性人格障害のまさに「典型的症状」なのだ。臨床心理学的には防衛機制としての合理化の一種ですwリアルに中二時代に一時的にそういう感覚を持つのは成長過程としてよくあることだが、そこから抜け出せないのは障害・病気のカテゴリーに入る(脳の器質的欠陥の可能性もある)。骨折をした人に「骨折れてますね」と言ったら罵倒したことになるのですか?w (17/12/15 01:34)
記入なし 発言すればするほど馬脚をあらわし墓穴を掘る人格障害クン (17/12/15 01:44)
記入なし 「と主張すると頭おかしいと思われる時代になります.なるかな?」←ここまでギリギリOK 「そこまで理解するには」←前提に「そうである」が含まれている。ハイ!ルール違犯!科学者失格!退場w (17/12/15 01:48)
記入なし 数学やってるクセに数など抽象的概念がそれ自体として「存在」しているというこが分ってないってどんだけバカなの・・・ (17/12/15 02:01)
sage おいおい、抽象概念としての架空の神や魂を議論してるんじゃないでしょ。 (17/12/15 09:28)
sage まあ、人の想像する概念としての神や魂は存在するけど、たとえ人類が存在しなかったとしても実在する可能性は科学的方法による結論では限りなく低いという事で納得してもらえたようだね。 (17/12/15 12:16)
sage 本当は、「神や霊魂は存在しない」という結論は進化生物学、脳科学、生物学などを勉強すると自然と理解することなのだけどそれは大変なので、僕が小中学生のころやっていた思考実験の例を次に述べます。まあ、こんなことわざわざ書かなくても少し思索を巡らすと、どのルートでも神や霊魂は存在しないという結論になるんだけどね。要は、論理的・理性的には神や霊魂は存在しないが、信じて幸せになれる人は勝手に信じたらいいんじゃね?てことですね。 (17/12/15 17:16)
sage (1) もし神が居るとしたら、どのような「機能」を持つ存在か。知的システムの基本としての記憶能力、判断能力、汎化能力、意識を持つか。「機能」は全て目的(入力と出力)を持つが、もし神が何らかの機能を持つとしてその目的は何か。(我々人間については、進化生物学的観点から既に明らか) (17/12/15 17:16)
sage (2) 神は、我々人類に影響を及ぼす能力を持つか。もし影響を及ぼすとすればどの範囲で影響するか。影響の基準は何か。善なる存在か気まぐれな存在か。もし全能かつ超越した善なる存在として影響力を持つとすると、あまりにもこの世は不公平で不条理ではないか。逆にもし何ら我々人類に影響する機能を持たず、観測もできないなら存在しないことと等価である。 (17/12/15 17:16)
sage (3) 世界には多種多様な宗教と神が存在し、それぞれが自分こそが正しいと主張している。これは論理的結論として全ての主張が間違えていることと等価である。人類が信じる各宗教の神の特性の積集合を取ると空集合になり、すなわち神は存在しないという結論に達する。 (17/12/15 17:17)
sage (4) 人類のような知的システムは全宇宙を観測しても現在のところ他に見つかっておらず、気の遠くなるほどの広大な宇宙空間で我々人類は特異点のように偏在しているが、「神」は我々人類の周りだけに存在するのか、それとも、ほとんど無または無機質である広大な宇宙空間にあまねく存在するのか。例えば木星周辺にも神は存在するのか。宇宙の始まりから終わりまで、全宇宙にあまねく存在する知的システムとして何を目的にどのような機能を持ち何をしているのか。 (17/12/15 17:17)
sage (5) 人類は、地球上に現れた膨大な種類の生物のなかで偶然脳を発達させた生物というだけであり、人類が地球に存在しなかった世界も大いにありうるが(実際、数百万年前には人類は存在しなかった)、その場合神はいたか。今後数百年の間に巨大隕石が地球に衝突して人類は死滅し、細菌類しか生き残らない可能性もあるが、その場合も神は存在するのか。神はいつから存在し、いつまで存在するのか。もし仮に人類が存在しないなら神も存在しないというなら、神という概念は我々人間が脳内で作り上げた空想の概念に過ぎない。 (17/12/15 17:17)
記入なし ↑8 だから正当本流の神概念は理論的想定点だったり抽象的存在なんだよ。だからこそ聖像禁止という主張もあった。 (17/12/15 18:35)
記入なし 物理的に観測可能で存在する/しないが測定できるとしたら、それはすでに神の定義から外れたものなのだよ。 (17/12/15 18:37)
記入なし だからオマエが議論している対象はそもそも神ではないのだ。そこがどうしても理解できないのだから仕方がない。 (17/12/15 18:37)
記入なし あえてそちらのスキームで語れば「99.99%いないと判断できる」なら宇宙に地球が存在しそこに人類が生じた確率よりはるかに高いだろwつまりオマエのロジックでは地球人類は存在しないw (17/12/15 18:40)
記入なし 新しい古いで言えばオマエの主張は2500前かせいぜい200年前の古い人類の発想なんだよw中二病糖質患者のラノベ執筆なら他所でやってくれ。 (17/12/15 18:42)


TOP 戻る